Research press release

治療薬が引き起こす難聴の発生リスクをもたらす遺伝子バリアント

Nature Genetics

Risk variant for treatment induced hearing loss

ACYP2遺伝子バリアントが、シスプラチン薬による治療を受けた子どもに起こる難聴と関連することが解明された。シスプラチンは、小児脳腫瘍をはじめとする数多くのがんの治療に用いられている抗がん剤である。非常に有効な治療薬だが、特に子どもの患者に耳器毒性(聴覚障害)を誘発することがあり、その理由は分かっていなかった。今回の研究成果は、小児脳腫瘍の治療にシスプラチン薬を使用するかどうかを医師が決定する際に役立つと考えられる。

J Yangたちは、シスプラチンによる治療を受けた脳腫瘍の子ども238人(そのうちの145人に耳器毒性が生じた)を対象とした関連解析を行った。その結果、ACYP2遺伝子バリアントと耳器毒性との間に強い関連が見つかった。この関連は、シスプラチンによる治療を受けた別の脳腫瘍の子どものグループ(68人)で追試・確認された。ACYP2遺伝子は、筋肉と蝸牛(内耳構造)で発現するタンパク質をコードしており、耳の中での正常な有毛細胞の発生に重要である可能性がある。耳器毒性発生のリスクに関連するACYP2遺伝子バリアントを持つ子どもは、すべて耳器毒性を起こした。ただし、Yangたちは、このバリアントを持たない複数の子どもにおいても耳器毒性が発生したことを見いだしている。その理由は今のところ分かっていない。

An association between variants in the gene ACYP2 and hearing loss in children after treatment with the drug cisplatin is reported in a study published online this week in Nature Genetics. The results may help doctors decide when to use the drug cisplatin to treat pediatric brain tumors.

Cisplatin is an anti-cancer agent widely used in the treatment of many cancers, including childhood brain tumors. Though cisplatin is very effective, it can lead to ototoxicity - or hearing damage - particularly in juvenile patients. The reason why some children experience this negative effect while others do not is unknown.

Jun Yang and colleagues carried out a genetic association study with 238 children with brain tumors who were treated with cisplatin, 145 of which developed ototoxicity. They found a strong association between variants in the gene ACYP2 and ototoxicity. This association was confirmed in an independent group of 68 children treated with cisplatin for brain tumors. ACYP2 encodes a protein that is expressed in muscle and the cochlea (an inner ear structure) and may be important for normal hair cell development in the ear. All children who carried the risk variant of ACYP2 developed ototoxicity. However, the authors also discovered that a number of children without this risk variant also developed ototoxicity and the reason for this remains unknown.

doi: 10.1038/ng.3217

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度