Research press release

ハンセン病原因菌株のゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Genome of strains of leprosy sequenced

ハンセン病を引き起こす病原体であるM. leprae(らい菌)の2度目の全ゲノム塩基配列解読が行われた。この知見に加えて、別の2つのらい菌株に関する詳細なリシーケンシング結果を合わせて報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

らい菌はハンセン病を引き起こす病原性細菌で、ハンセン病は、外観を損なう皮膚病変と感覚消失を特徴とする。ハンセン病は、先進国では大きな健康問題でなくなっているが、アフリカや東南アジアの開発途上国の限られた地域では高リスクの状態が続いている。現在、世界のハンセン病症例数は年間25万例に満たない。

これまでに、インドに由来するらい菌の菌株についてゲノム塩基配列解読が行われていたが、今回、ローザンヌ工科大学(スイス)のS Coleらは、ブラジル由来のらい菌株の全ゲノム配列を構築し、タイと米国由来の2つのらい菌株についても塩基配列解読を行った。以上4つの菌株は、地理的に離れた場所に由来しているが、ゲノムを比較したところ、99.995%一致していることが判明した。この意外な結果からは、ハンセン病が単一の細菌クローンを原因とすることが示唆されている。らい菌にゲノム多様性がみられないことは、薬剤の有効性がらい菌のほとんどの菌株で類似している可能性を暗示しており、ハンセン病治療にとって心強い。

A second complete genome sequence of the pathogen M. leprae, which causes leprosy, has been determined. These findings, as well as the deep re-sequencing of two other M. leprae strains, are reported online in this week's Nature Genetics.

M. leprae is the bacterial pathogen that causes leprosy, a disease that is characterized by disfiguring lesions on the skin and loss of sensation. Although leprosy is no longer a significant health problem in developed countries, pockets of high-risk areas remain in less-developed countries, such as those in Africa or South-East Asia. Currently, the worldwide burden of leprosy is under 250,000 cases a year.

The genome of an M. leprae strain from India was previously sequenced. Here, Stewart Cole and colleagues have assembled the complete genome of an M. leprae strain from Brazil and have also sequenced two more M. leprae strains from Thailand and the United States. Although the four M. leprae strains come from geographically distant locations, comparison of their four genomes shows that they are 99.995% identical. This surprising result implies that leprosy has arisen from a single clonal strain. Lack of genomic diversity in M. leprae is encouraging for treatment, as it suggests that drug effectiveness should be similar for most strains of M. leprae.

doi: 10.1038/ng.477

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度