Research press release

野生種のトマトに見つかったストレス耐性遺伝子

Nature Genetics

Stress tolerance genes found in wild tomato species

野生種のトマトであるSolanum pennelliiのゲノム塩基配列が解読された。

味がいっそう良く、しかもストレス耐性の高いトマトの育種に役立つ可能性がある。S. pennelliiは、南米産の野生種のトマトで、食用ではないが、現在、食用種のトマト(Solanum lycopersicum)の形質を改良するための異種交配に使われている。B Usadelたちは、ストレスの多い条件に耐える能力など、さまざまな有益な形質に寄与する遺伝子を同定するために、野生種トマトゲノムの塩基配列を解読した。

その結果、脱水耐性、果実の発生、果実の後熟に関連する遺伝子が見つかった。また、野生種に高い濃度で含まれている果実の香りとフレーバーに関わる揮発性化合物に関係する遺伝子も明らかになった。食用種のトマトでは、苦味が排除される選択があったため、揮発性化合物の多くが失われていた。トマトの全ゲノム解読はまだ2種でしか行われておらず、S. pennelliiのゲノムは、トマトの進化と遺伝の研究で注目を集めるだろう。

The genome sequence of the wild tomato species Solanum pennellii is reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The study may help to breed tastier, more stress-tolerant tomatoes.

Solanum pennellii is an inedible, wild tomato species from South America. Presently, it is used to improve agriculturally important traits in the edible species, S. lycopersicum, through interbreeding. Bjorn Usadel and colleagues sequenced the genome of the wild species to better understand what genes contribute to various useful traits, such as its ability to withstand stressful conditions. They found genes related to dehydration resistance, fruit development and fruit ripening. They also found genes that contribute to the higher levels of volatile compounds in the wild species, which improve fruit scent and flavor. Many volatile compounds have been lost in the common tomato due to selection against bitter flavors.

The S. pennellii genome will also help researchers interested in tomato evolution and genetics, since this is only the second tomato species to be sequenced.

doi: 10.1038/ng.3046

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度