Research press release

アフリカイネのゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

The genome sequence of African rice

おなじみのアジア種のイネとは全く異なるアフリカイネ(Oryza glaberrima)のゲノム塩基配列解読とその解析が行われた。アフリカイネのゲノムは、乾燥に対するイネの抵抗性を上げる研究に大いに役立つだろう。

アフリカイネは、乾燥や酸性土壌のようなストレスの多い条件に対する適応度が、アジア種のイネ(Oryza sativa)よりも高い。今回、R Wingたちは、アフリカイネの栽培化の歴史と過酷な条件に対する適応の過程を解明するため、そのゲノムを解読した。その結果、約3,000年前の西アフリカで、アフリカイネが野生種(Oryza barthii)から栽培化されたことが明らかになった。

また、当時の農民が、アフリカ種とアジア種に共通するイネの形質(たとえば、種子が落ちにくくなることや収量の増加)に影響を与える遺伝子を選択していたことが明らかになった。今後の研究で、アフリカイネのストレス耐性遺伝子の同定、頑健なイネ作りへの活用が進められるに違いない。

The genome sequence of African rice - a completely different rice species than the familiar Asian variety - is reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The genome may hold the key to developing rice that is more resistant to drought.

African rice, Oryza glaberrima, is better adapted to stressful conditions, such as drought and acidic soil, than the Asian species, Oryza sativa. To better understand the history of African rice domestication and how it adapted to harsh conditions, Rod Wing and colleagues sequenced the genome of the African rice species. Their results showed that O. glaberrima was domesticated from the wild species O. barthii about 3,000 years ago in West Africa. They also found that ancient farmers unknowingly selected for genes that affect the same rice traits in both Africa and Asia, such as reduced seed shattering and increased yield. Future work will identify the stress-resistant genes in African rice and how they can be used to breed heartier rice crops.

doi: 10.1038/ng.3044

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度