Research press release

パーキンソン病の6つのリスク遺伝子の新規同定

Nature Genetics

Six new risk genes for Parkinson’s disease

パーキンソン病の発症リスクに関連する6つの遺伝子が同定された。この結果から、脳における遺伝子調節がパーキンソン病の発症に重要な役割を果たすことが示された。これまでにパーキンソン病に関連する遺伝子が数多く同定されているが、発症リスクに関係する遺伝子の発見は、今後も続くものと予想される。今回、A Singletonたちは、パーキンソン病に関する既存の遺伝子型データを全て組み合わせて、これまでサンプルサイズが小さかったために同定されなかった複数の関連遺伝子を新たに見つけた。彼らは、13,708人の患者と95,282人の対照群の遺伝的データを解析に用いた。その結果、パーキンソン病と有意に関連する28の遺伝子領域が同定され、そのうちの6つは、今回初めて関連が認められた。この新知見は、独立したサンプル(5,000例以上のパーキンソン病症例と対照群5,000例)で確認された。

The identification of six genes associated with the risk of developing Parkinson’s disease is reported in a study published online this week in Nature Genetics. The results point to an important role for gene regulation in the brain for the development of Parkinson’s disease.

Many genes have been associated with Parkinson’s disease, but more are estimated to contribute to the risk of developing the disease. Andrew Singleton and colleagues combined all existing genotype data on Parkinson’s disease to find new associations that were previously missed because of small sample sizes. They used genetic data from 13,708 Parkinson’s disease patients and 95,282 control individuals. The researchers found 28 gene regions significantly associated with the disease, six of which had not been linked to Parkinson’s disease previously. The findings were verified in an independent sample of over 5,000 Parkinson’s cases and 5,000 controls.

doi: 10.1038/ng.3043

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度