Research press release

食道がんの早期発見に一歩前進

Nature Genetics

Early detection of esophageal cancer

今週のオンライン版に、食道がんを早期発見するための新しい検査法が開発されたことを報告する論文が掲載される。この論文には、食道がんの最も初期の段階で変異する遺伝子に関する知見が報告されており、この検査法は、この知見に基づいている。

食道がんは、世界で最も多いがんの1つであり、胃酸の逆流と喫煙など多くの原因が挙げられている。現在、食道がんの発見には、内視鏡検査が用いられているが、この検査法は、食道がんの発見に有効でないことが多い。

今回、Rebecca Fitzgeraldたちは、食道がんの臨床検体における遺伝的変異を調べて、初期の食道がんの検体における変異と比較した。その結果、前がん状態と末期がん状態を判別するために使用可能な2つの遺伝子が明らかになった。TP53遺伝子の変異は、食道がんの初期症状を示す患者から見つかったが、食道がんの良性の前駆体であるバレット食道を有する患者からは見つからなかった。もう1つの遺伝子SMAD4の変異は、がん検体のみで見つかったのだ。Fitzgeraldたちは、以上の新知見を用いて、食道がんの早期発見のための新しい検査法を開発した。

The development of a new test for early detection of esophageal cancer is reported in a study published online this week in Nature Genetics. The test is based on findings reported in the paper about the earliest genes mutated in the disease.

Esophageal cancer is one of the most common cancers in the world and can be caused by many factors, including acid reflux and smoking. The current method of detection for esophageal cancer is an endoscopic test, which is often not effective at detecting cancer.

Rebecca Fitzgerald and colleagues studied the genetic mutations in clinical samples of esophageal cancer and compared them to mutations in samples from earlier stages of the disease. They found two genes that could be used to distinguish between the pre-cancerous stages and the final cancerous stage. Mutations in the gene TP53 were found in patients with early signs of cancer, but not in patients with an earlier, benign precursor of esophageal cancer called Barrett’s esophagus. Another gene, SMAD4, was only mutated in the cancerous samples. The researchers used these findings to develop a new test for early detection of esophageal cancer.

doi: 10.1038/ng.3013

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度