Research press release

KITLG遺伝子とブロンドの髪の分子的つながり

Nature Genetics

A molecular link between the KITLG gene and blondness

DNAのたった1つの塩基対の違いが、髪の毛の色の違いに影響することが分かった。そして、その塩基対と離れた場所にあるKITLG遺伝子とブロンドの髪との関係が明らかになった。

KITLG遺伝子は、動物とヒトのさまざまな細胞の発生に必須の遺伝子で、ブロンドの髪と関連することは以前から報告されていた。今回、D Kingsleyたちはそれについて詳しく調べ、毛包におけるKITLG遺伝子の発現量が、KITLG遺伝子と別な場所に位置するエンハンサーのわずかな配列の違いにより変化することを見つけた。ブロンドの髪色に対応するエンハンサーを持つマウスは、明るい黄褐色の毛となり、別のエンハンサーを持つマウスは、暗色の毛になった。  今回の成果は、KITLG遺伝子のような必須遺伝子が、髪の色の調節にどのように関与するかを解き明かす研究の先鞭となるだろう。

A single DNA base-pair change that influences differences in hair color is reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The study explains the association of a nearby gene, KITLG, with blond hair color.

KITLG is an essential gene needed for development of many different cell types in animals and humans. David Kingsley and colleagues investigated the association between the KITLG gene and blond hair color, which has been reported previously. They found that a small change in a DNA sequence (known as an enhancer), far from KITLG, changes how strongly KITLG is expressed in hair follicles. Mice with the “blond” version have lighter, golden-brown fur, compared to the dark fur in mice with the other version.

The results help explain how an essential gene like KITLG can be involved in the control of hair color.

doi: 10.1038/ng.2991

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度