Research press release

顎の腫瘍に新たな治療法の可能性

Nature Genetics

Study suggests new treatments for jaw tumors

顎に発生し、顎の骨を破壊する腫瘍であるエナメル上皮腫。良性の腫瘍でまれにしか見られないが、しばしば顔の変形がもたらされる。R Westたちは、この疾患ではSMO遺伝子とBRAF遺伝子に変異が見られることが多いことを見つけた。上顎の腫瘍にはSMO遺伝子の変異が見られ、下顎の腫瘍にはBRAF遺伝子の変異が見られる傾向があった。

また、Westたちは、FDA(米国食品医薬品局)承認薬が、ヒト細胞に含まれるSMO遺伝子とBRAF遺伝子の変異体を阻害することを示した。ただし、これらの医薬品がエナメル上皮腫の患者に役立つかどうかを見極めるには、さらなる試験が必要となる

Two genes linked to ameloblastomas, tumors of the jaw, are reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The results suggest promising treatment options for these destructive jaw tumors.

Ameloblastomas are rare, benign tumors that often lead to facial disfigurement. Robert West and colleagues identified two genes, SMO and BRAF, that are often mutated in ameloblastomas. In their samples, tumors of the upper jaw tended to have SMO mutations, whereas the lower jaw tumors tended to have BRAF mutations. For each gene, the researchers identified an FDA-approved drug that can inhibit the mutant form in human cells. More testing is needed to see if these drugs can help ameloblastoma patients.

doi: 10.1038/ng.2986

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度