Research press release

プラーダー・ヴィリ症候群においてIPW遺伝子が果たす重大な役割

Nature Genetics

IPW plays critical role in Prader-Willi syndrome

認知機能障害、肥満などを症状とする稀少疾患であるプラーダー・ヴィリ症候群(PWS)と関連する遺伝子群について報告する論文が、今週のオンライン版に掲載される。今回の研究は、この疾患の原因に関する手掛かりをもたらしている。

父方から受け継いだ15番染色体上の遺伝子群の発現が抑制されると、プラーダー・ヴィリ症候群が起こる。今回、Nissim Benvenistyたちは、患者の細胞から作製された幹細胞を用いて、父方由来の遺伝子の発現が抑制されることが重要な理由を調べた。その結果、IPWという小さな遺伝子が、別の染色体の遺伝子群が正常に機能するために必要なことが分かった。この遺伝子群に関して興味深いのは、母親から受け継いだ染色体上の遺伝子群だけが活性化している点だ。

A group of genes linked to Prader-Willi syndrome (PWS)-a rare disorder that includes cognitive disabilities and obesity-are reported in a paper published online this week in Nature Genetics. The study sheds light on the cause of PWS.

PWS occurs when a group of genes on the copy of chromosome 15 inherited from the father are silenced. Nissim Benvenisty and colleagues used stem cells created from PWS patient cells to find out why the silenced paternal genes were so important. They discovered that a small gene called IPW is necessary for the normal function of a group of genes on an entirely different chromosome. Interestingly, those genes are only active on the chromosome copy inherited from the mother.

doi: 10.1038/ng.2968

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度