Research press release

がんに関与する再プログラム化遺伝子

Nature Genetics

Reprogramming gene plays a role in cancer

SOX2遺伝子が、肺と食道の扁平上皮がんで活性化することを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この発見は、幹細胞とがんの新たな関連を浮き彫りにしている。

扁平上皮がんは、がんの一種で、皮膚、口、食道、膀胱、前立腺、肺などのいくつかの器官に形成する。肺扁平上皮がんは、肺がんの約25~30%を占め、喫煙と関連性がある。また、食道扁平上皮がんは、食道がん全体の10%未満で、喫煙と飲酒に関連している。

今回、ダナ・ファーバーがん研究所(米国マサチューセッツ州ボストン)のM Meyersonらは、SOX2遺伝子が肺と食道の扁平上皮がんで過剰に活性化していることを見いだした。SOX2遺伝子は、食道と気管の発達にとって重要な遺伝子であり、成熟細胞を再プログラム化して多能性幹細胞を樹立する際にも重要な役割を果たす。

The gene SOX2 is activated in lung and esophageal squamous cell carcinomas (SCC), according to a study published online in this week's Nature Genetics. This discovery highlights a new link between stem cells and cancer.

SCC is a type of cancer that can form in several organs, including the skin, mouth, esophagus, urinary bladder, prostate, and lung. About 25-30% of lung cancers are SCC of the lung and are linked to smoking. SCC of the esophagus occurs in less than 10% of all esophageal cancers and is associated with both smoking and alcohol consumption.

Matthew Meyerson and colleagues find that the gene SOX2 is over-activated in both lung and esophageal SCC. SOX2 is an important gene for esophagus and tracheal development, and is also important in reprogramming mature cells to pluripotent stem cells.

doi: 10.1038/ng.465

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度