Research press release

熱を帯びるトウガラシ属のゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

Adding some heat to the pepper genome

トウガラシ(Capsicum annuum)のゲノム概要塩基配列について報告する論文が掲載される。トウガラシは、世界で最も広範に栽培されている香辛料作物の1つで、栄養価が高いことで知られている。今回、塩基配列解読が行われたトウガラシは、メキシコの在来種で、植物病原体に対する抵抗性の高いことが明らかになっており、研究や育種で広く用いられている。

今回、Doil Choiたちは、トウガラシの全ゲノム塩基配列解読、そして、トウガラシ属の栽培種2種と野生のシネンセ種(Capsicum chinense)のリシーケンシングについて報告している。今回の研究では、トウガラシのゲノムが近縁種のトマトの約4倍の大きさであることが判明した。また、Choiたちは、トウガラシの辛味、成熟過程と病害抵抗性の根底にあると考えられる遺伝的影響も明らかにした。

The draft genome sequence of a species of hot pepper is reported in Nature Genetics. The hot pepper, Capsicum annuum, is known for its high nutritional value and is one of the most abundant spice crops worldwide. This particular hot pepper strain, collected in Mexico, has also shown high levels of resistance to a range of plant pathogens and is widely used in research and breeding programs.

Doil Choi and colleagues report the whole-genome sequencing of the hot pepper Capsicum annuum, as well as resequencing of two cultivated peppers and a wild species Capsicum chinense. They find that the hot pepper genome is approximately four times larger than the genomes of the closely related tomato. They also highlight genetic influences that may underlie the hot pepper’s pungency, ripening process and disease resistance.

doi: 10.1038/ng.2877

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度