Research press release

ホジキンリンパ腫に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with Hodgkin’s lymphoma

古典的ホジキンリンパ腫(cHL)に関連する遺伝的多型について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。古典的ホジキンリンパ腫は、リンパ節のがんであり、先進国の若年成人に最も多いがんの1つだ。

R Houlstonらは、英国の589症例と5,199健常対照例について古典的ホジキンリンパ腫のゲノムワイド関連解析を行い、その後、別の4つのコホートで追試を行って、当初の解析結果を再現した。その結果、古典的ホジキンリンパ腫に関連する3つのゲノム領域を新たに同定し、これを基づいて、古典的ホジキンリンパ腫にはMYC、GATA3、NFkB各遺伝子の経路が関与していると結論付けた。また、Houlstonらは、過去に報告のあるヒト白血球抗原(HLA)クラスII領域との関連についても再現し、この領域と古典的ホジキンリンパ腫の感受性が最も有意に関連していることを明らかにした。

Genetic variants associated with classical Hodgkin’s lymphoma (cHL) are reported this week in Nature Genetics. cHL is a lymph node cancer, and is one of the most common cancers among young adults in developed countries.

Richard Houlston and colleagues report a genome-wide association study for cHL in 589 cases and 5,199 healthy controls from the UK, with replication of these results in an additional four cohorts. They identify three genomic regions newly associated with cHL, and based on this, suggest the involvement of the MYC, GATA3 and the NFkB pathways in the disease. The authors also replicate earlier associations to the human leukocyte antigen (HLA) class II region, which shows the most significant association to cHL susceptibility.

doi: 10.1038/ng.696

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度