Research press release

膀胱がんに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Genetic variants associated with bladder cancer

膀胱がんのリスクに関連する3つの遺伝的座位が同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

膀胱がんは、毎年、世界で約35万件の新たな症例が報告されている。膀胱がんの最大のリスク因子は喫煙と化学物質(芳香族アミン類)に対する職業曝露だ。

M Garcia-Closasらは、約12,000人の膀胱がん患者を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、膀胱がんのリスクに関連する3つの遺伝的座位を同定し、これに加えて、既に同定されていた膀胱がんの感受性座位も確認した。

Three genetic loci associated with risk of bladder cancer are identified in a study online this week in Nature Genetics.

There are approximately 350,000 new cases of bladder cancer reported worldwide each year. The greatest risk factor for bladder cancer is smoking, as well as occupational exposure to chemicals known as aromatic amines.

Montserrat Garcia-Closas and colleagues report a genome-wide analysis of approximately 12,000 individuals with bladder cancer. They identify three genetic loci that are associated with risk of bladder cancer. The study also confirmed previously identified genetic susceptibility loci for bladder cancer.

doi: 10.1038/ng.687

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度