Research press release

腎細胞がんの統合的ゲノム解析

Nature Genetics

Kidney cancer genomes

日本の患者から採取された多数の腎細胞がんの検体を用いた統合的ゲノム解析が行われ、腎細胞がんを引き起こす遺伝的経路が新たに同定された。これは、治療法の標的となる可能性がある。

全世界で、毎年、約10万人が、腎細胞がんで命を失っている。このがんには、いくつかのサブタイプがあり、最も一般的なサブタイプが腎明細胞がんだ。腎細胞がんに対する外科手術以外の介入法は限られている。

今回、小川誠司(おがわ・せいし)たちは、腎細胞がん患者から採取された腫瘍と正常細胞の対検体(106組)を用いて、ゲノムまたはエキソームの塩基配列解読を行った。また、この論文には、100組以上の腫瘍と正常細胞の対検体について、遺伝子発現、DNAメチル化とコピー数のプロファイルを解析した結果も報告されている。

An integrative genomic analysis of a large collection of renal cell carcinoma samples from patients in Japan is reported this week in Nature Genetics. The study identifies new genetic pathways driving renal cell carcinoma that could be potential targets for therapies.

There are approximately 100,000 deaths worldwide from renal cell carcinoma each year. There are several subtypes of this form of cancer, with clear cell renal cell carcinoma being the most common subtype. Presently, there are limited non-surgical interventions for this cancer.

Seishi Ogawa and colleagues sequenced the genomes and/or exomes of 106 paired tumor and normal samples of clear cell renal cell carcinoma from patients. The study also reports analysis of gene expression, DNA methylation and copy-number profiles of more than 100 tumor and normal pairs.

doi: 10.1038/ng.2699

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度