Research press release

メラトニンと2型糖尿病のリスク

Nature Genetics

Melatonin and risk of type 2 diabetes

メラトニン受容体をコードするヒト遺伝子において、2型糖尿病のリスクを高める複数の多型が同定された。この成果を報告する3つの論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。これは、体内時計を制御するメラトニンと2型糖尿病のつながりを示す、初めてヒトで得られた遺伝学的証拠である。

メラトニンは、生物の約24時間周期の概日リズムを制御することが知られている。そしてインスリン濃度は、この周期で変動し、夜間に最低値に達する。概日リズムの乱れと糖尿病を結びつける証拠は、いくつかの研究で示されていたが、今回の3つの研究は、遺伝的な結びつきがあることを明らかにしている。

2型糖尿病の危険因子である血糖値の高低と関連する多型の同定を試みるため、過去のいくつかの全ゲノム関連解析によるデータがプールされてきた。今回、米国ミシガン大学のG Abecasisらは、2つのヒトメラトニン受容体の1つをコードするMTNR1B遺伝子の多型が、血糖値と2型糖尿病のリスクをともに高めることを報告している。

また、ロンドン大学インペリアルカレッジ(英国)のP Froguelらは、この多型の近くに位置するMTNR1B遺伝子近傍の別の多型についても同じ結果が得られたことを報告している。この遺伝解析の結果は、ルンド大学(スウェーデン)のL Groopの研究チームによって確認された。さらにGroopらは、MTNR1B遺伝子のリスク多型をもつ被験者の膵臓のインスリン産生細胞でMTNR1B遺伝子が高発現すること、そしてメラトニンの存在下では、グルコースに反応した膵臓β細胞からのインスリン放出が阻害されることを明らかにした。

これら3つの研究のすべてで、1つ以上のメラトニン受容体に遺伝性変異があると、メラトニンがインスリン放出に与える直接的影響を介して、糖尿病にかかりやすくなる可能性があるという考え方が示されている。

Variants in a gene encoding a receptor for melatonin that increase the risk of type 2 diabetes, are reported in three studies published online this week in Nature Genetics. They provide the first genetic evidence in humans for a link between melatonin, which regulates the body clock, and type 2 diabetes.

Melatonin is known to regulate the roughly 24-hour cycle of living things ? their circadian rhythm ? and insulin levels vary within this cycle, with them being at their lowest point at night. Some previous evidence linked disturbances of circadian rhythmicity to diabetes, and these studies provide a hereditary link.

In order to try and identify variants associated with differences in levels of blood glucose, which constitutes a risk factor for type 2 diabetes, data from several previous genome-wide association studies were pooled. Gon?alo Abecasis and colleagues report that a variant in MTNR1B, encoding one of the two human melatonin receptors, increases risk of both blood glucose levels and type 2 diabetes.

Philippe Froguel and colleagues report a similar result for a nearby variant which neighbours MTNR1B. A third team, led by Leif Groop, confirms this genetic result. They also report that individuals with the MTNR1B risk variant have increased expression of MTNR1B in the insulin-producing cells of the pancreas, and that melatonin inhibits insulin release from pancreatic beta cells in response to glucose.

All three studies suggest that inherited variation in at least one of the melatonin receptors may predispose to diabetes via direct effects of melatonin on insulin secretion.

doi: 10.1038/ng.290

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度