Research press release

片頭痛に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Genetic variant associated with migraine

片頭痛の危険因子に関する初めてのゲノムワイド関連解析について報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に発表される。今回の関連解析では、片頭痛に関連する遺伝的多型が、脳の神経伝達物質であるグルタミン酸のホメオスタシスに関与するタンパク質をコードする遺伝子の近傍に同定された。ただし、この遺伝的多型とグルタミン酸の調節との関連を確認するには、さらなる研究が必要となる。

片頭痛は、費用のかかる神経疾患であり、その特徴は、繰り返し起こる激しい頭痛の発作である。全世界では、毎日、約3億人の人々が片頭痛の発作を起こしている。これまで、さまざまな疾患に対する遺伝的感受性を解明するためにゲノムワイド関連解析が頻繁に用いられてきたが、神経疾患に関する関連解析の数は少なかった。

今回、A Palotieらは、さまざまなタイプの片頭痛と診断されたヨーロッパ系の人々約5,000人のゲノムを解析し、染色体8q22.1上に、片頭痛に関連する遺伝的多型を見いだした。

The first genome wide association study for migraine risk factors is reported online in this week's issue of Nature Genetics. The associated variant is located near genes encoding proteins involved in glutamate―a neurotransmitter in the brain―homeostasis, but further studies will be needed to confirm links between the identified variant and glutamate regulation Migraine is a costly neurological disorder that is characterized by recurrent attacks of severe headache. There are approximately 300 million people worldwide who undergo a migraine attack daily. Though genome-wide association studies are often used to understand genetic susceptibility in various diseases, neurological disorders are underrepresented in such studies.

Aarno Palotie and colleagues scanned the genomes of approximately 5,000 European people who had been diagnosed with various forms of migraines and identified an associated genetic variant on chromosome 8q22.1.

doi: 10.1038/ng.652

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度