Research press release

マンモスの低温適応

Nature Genetics

Woolly mammoth's cold adaptation

マンモスのヘモグロビンをコードする遺伝子の変異が、マンモスが北極域の寒冷環境に適応したことに関連していた可能性があることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

マンモスと現代のゾウの祖先は赤道アフリカを起源としているが、マンモスの系統は、今から120万~200万年前に高緯度地域に移動した。この移動の時期は、気候変化と高緯度の北極域環境における急激な寒冷化のあった時期に重なっていた。

赤血球に含まれる重要なタンパク質であるヘモグロビンは、酸素と結合し、酸素を運搬するが、体内組織に酸素を放出する能力は、温度の低下によって阻害される。K Campbellと A Cooperらの研究チームは、ヘモグロビン自体に生じた変化が、マンモスの寒冷環境への適応と関連しているのかどうかを調べるため、今から4万3,000年前に生息していたマンモスに由来する、ヘモグロビンをコードする遺伝子の塩基配列を解読し、現代のアフリカゾウやアジアゾウと比較した。その結果、マンモスのヘモグロビンが変異して、低温でも酸素を放出しやすくなっていたことが判明した。

Changes in the genes encoding woolly mammoth hemoglobin may have been involved in its adaptation to cold environments of the Arctic, according to a new report published online this week in Nature Genetics.

Ancestors of woolly mammoths and modern-day elephants originated in equatorial Africa, though members of the mammoth lineage migrated to higher latitudes 1.2-2.0 million years ago. This migration coincided with climate changes and a drastic cooling in high-latitude Arctic environments.

Hemoglobin, a protein important in red blood cells, binds and carries oxygen, although its ability to release oxygen to tissues is inhibited at low temperatures. To investigate whether changes within hemoglobin might be linked to the mammoth's adaptation to cold environments, Kevin Campbell, Alan Cooper and colleagues sequenced the genes encoding hemoglobin from a 43,000 year-old woolly mammoth and compared it to modern-day African and Asian elephants. The scientists found changes in mammoth hemoglobin that facilitate release of oxygen at cold temperatures.

doi: 10.1038/ng.574

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度