Research press release

カカオノキの一種のゲノム塩基配列解読

Nature Genetics

One type of chocolate genome sequenced

チョコレートの原料となるカカオノキの一種(クリオロ種)のゲノムを解読したことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。このゲノム配列は、この作物の遺伝的改良に役立つことが期待される。

熱帯の樹木作物カカオノキ(Theobroma cacao)は、中米・南米原産で、チョコレートの原料となる。カカオノキが最初に栽培されたのは、今から約3,000年前のことで、今日では、年間370万トンのカカオ豆が生産されている。

X Argoutらは、上品な風味のチョコレートの生産に用いられるクリオロ種のカカオノキのゲノム塩基配列について報告している。

The genome for the Criollo variety of the cacao plant, the source of chocolate, is reported in this week’s issue of Nature Genetics. The genome sequence could assist in the genetic improvement of this crop.

Theobroma cacao, the tropical tree crop that is used to make chocolate, is native to Central and South America. The cocoa tree was first cultivated approximately 3000 years ago and today 3.7 million tons of cocoa are annually produced.

Xavier Argout and colleagues report the genome sequence of the Criollo variety of Theobroma cacao, which is used to produce fine-flavor chocolate.

doi: 10.1038/ng.736

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度