Research press release

トマトの雑種強勢

Nature Genetics

Hybrid vigor in tomatoes

トマトの場合に、SFT遺伝子の片方が変異していると収量が最大60%アップすることが明らかになり、このことを報告する論文が、Nature Geneticsに掲載される。この研究では、1つのヘテロ接合変異によって植物の成長力が向上しうることが示唆されている。

雑種強勢は、よく知られた遺伝現象で、遺伝的に異なる両親から生まれた子は、両親よりも成長力やその他の形質がすぐれていることを特徴とする。雑種強勢には、非常に大きな実用的価値があり、農業に広く応用され、多くの作物がハイブリッド種子によって栽培されている。ところが、雑種強勢の背後にある遺伝的な仕組みは十分には解明されていない。

Z Lippmanらは、SFT遺伝子の片方が変異しているだけで、トマトの果実収量が増加することを見いだした。この研究では、トマトを多様な農業条件下で試験し、その結果、SFT遺伝子のヘテロ接合変異を有するトマトの果実収量が一貫して多いことがわかった。

A mutation in one copy of the gene SFT in tomato increases fruit yield by up to 60%, according to a report published this week in Nature Genetics. The study suggests that improved vigor in plants can result from single heterozygous mutations.

Heterosis, or hybrid vigor, is a well-known genetic phenomenon, which is characterized by increased vigor or other superior qualities in offspring from two parents that are genetically different. Heterosis has immense practical value and is widely applied in agriculture, as many crops are grown from hybrid seed. However, the genetic mechanisms underlying heterosis are not well understood.

Zachary Lippman and colleagues find that mutation of just one copy of SFT leads to increased fruit yield in tomato. Plants were tested under diverse agricultural conditions and showed consistent increases in SFT hybrid plants.

doi: 10.1038/ng.550

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度