Research press release

筋萎縮性側索硬化症のマウスに治療効果のある抗体

Nature Genetics

Antibody has therapeutic effect on mice with ALS

CD40Lタンパク質を標的とする生物学的治療法が、筋萎縮性側索硬化症(ALS)のマウスに治療効果を示すことが判明し、この研究成果を報告する論文がNature Geneticsに掲載される。この研究は、免疫応答を標的とする治療法がALSの進行を抑える効果を有する可能性を示唆している。

ALSは進行性の神経変性疾患で、脳や脊髄のニューロンが消失し、最終的には麻痺に至る。全世界でのALSの罹患率は、10万人当たり約2人で、ALSの診断を受けた患者は、通常、診断から5年以内に命を落としている。

S Perrinらは、ALSのマウスモデルとして一般的に用いられるSOD1遺伝子の変異したマウスの実験で、CD40Lに対するモノクローナル抗体を投与した。その結果、抗CD40L抗体には、麻痺の発生を遅らせる効果があり、麻痺の最初の兆候が現れてからの寿命が平均40%延びることが明らかになった。

A biological treatment targeting the protein CD40L has a therapeutic effect on mice with amyotrophic lateral sclerosis (ALS), reports a new study published in Nature Genetics. The study suggests that ALS progression may be amenable to treatments that target the immune response.

ALS is a progressive neurodegenerative disease that leads to neuron loss in the brain and spinal cord and eventual paralysis. ALS affects approximately 2 per 100,000 individuals worldwide and is typically fatal within 5 years of diagnosis.

Steven Perrin and colleagues administered a monoclonal antibody to CD40L to mice with a mutation in SOD1 ― a commonly used mouse model for ALS. They found that the anti-CD40L antibody delayed onset of paralysis and on average, led to a 40% extension of life duration after the first signs of paralysis.

doi: 10.1038/ng.557

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度