Research press release

イネの収量増加にかかわる突然変異

Nature Genetics

Mutation associated with increased rice yield

単一遺伝子の欠失によってイネの粒大と収量の増加が促進されることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この遺伝子欠失の同定により、従来よりも高収量の栽培種のイネを育種するプログラムが可能となるかもしれない。

独立行政法人農業生物資源研究所の井澤毅らは、栽培種のイネで、粒幅の異なる日本晴(ジャポニカ種)とKasalath(インディカ種)を交配させた。また、井澤らは、この粒幅の違いと関連している、イネゲノム上のいくつかの領域についてマッピングを行い、qSW5という1つの遺伝子に着目した。そして、栽培種日本晴において、日本晴とKasalathの粒幅差の約38%の原因となっている単一遺伝子の欠失を同定した。

qSW5遺伝子の発現レベルが低くなるように作出されたKasalath米の形質転換系統を使った野外実験では、粒重を増した種子が産生されることが確認された。井澤らは、古代人によるイネ栽培化の過程で、qSW5遺伝子の欠失が選択された可能性を示している。さらに井澤らは、ヒトの歴史においてイネの栽培地域に変化があったことから、別の2つの遺伝子(WaxyとqSH1)もジャポニカ米の栽培化に関係していた可能性が高い、と報告している。

A deletion in a single gene promotes increased grain size and yield in rice, according to a study published online this week in Nature Genetics. The identification of this deletion may enable a breeding program for higher-yield cultivated rice crops.

Takeshi Izawa and colleagues carried out a cross between the Nipponbare (japonica) and Kasalath (indica) cultivated crops, which have different grain widths. They mapped several regions of the rice genome that were associated with this difference, and focused on one, qSW5. They went on to identify a deletion in a single gene in the Nipponbare cultivation, which is responsible for approximately 38% of the difference in grain width between Nipponbare and Kasalath.

Transgenic lines of Kasalath rice engineered to have reduced levels of qSW5 produced seeds with increased grain weight in a field test. The authors suggest that the qSW5 deletion may have been selected for during the process of rice domestication by ancient humans. They also report that two other genes, Waxy and qSH1, were likely also involved in the domestication of japonica rice as the range of rice cultivation changed during human history.

doi: 10.1038/ng.169

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度