Research press release

マラリア原虫の伝播に関連するヘモグロビン変異体

Nature Genetics

Hemoglobin variants associated with malaria parasite transmission

ヘモグロビンC(HbC)とヘモグロビンS(HbS)が、ヒト宿主から蚊へのマラリア原虫の伝播増加に関連することを明らかにした論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。今回の研究成果は、ヒト宿主の遺伝的多型が、マラリアの伝播率に影響しうることを示唆している。

マラリアは、マラリア原虫を原因とする致命的な疾患で、マラリア原虫に感染した蚊を介して、ヒトに伝播する。2種類のヘモグロビン(HbCとHbS)の遺伝的多型には、マラリアに対する防御効果があることが知られている。

D Modianoらは、HbCとHbSが、ヒトから蚊へのマラリア原虫の伝播にも影響するかどうかを調べた。そして、西アフリカの農村地域の約4,000人について大規模な調査を行い、HbCの遺伝的多型を保有する者のマラリア原虫感染率が高いことを見いだした。次にModianoらは、遺伝子型別になった血液を餌とした6,000匹以上の蚊を使って伝播実験を行った。その結果、ヒトの血液から蚊へのマラリア原虫の伝播は、HbC保有者の血液を餌とした蚊の場合に高くなった。

Hemoglobins C and S (HbC and HbS, respectively) are associated with an increase in malaria parasite ― transmission from the human host to the mosquito, according to a study published online this week in Nature Genetics. These results suggest that the host's genetic variations can affect transmission rates of malaria.

Malaria is a life-threatening disease caused by the Plasmodium parasites and transmitted to humans via infected mosquitoes. It is known that genetic variants in two types of hemoglobin, HbC and HbS, protect against malaria.

David Modiano and colleagues investigated whether HbC and HbS also affect the transmission of the malaria parasite from human to mosquito. The scientists conducted a large survey of close to 4000 individuals in rural West Africa and observed higher levels of infectious parasites in HbC genetic variant carriers. Next, the scientists performed transmission experiments involving over 6000 mosquitoes that received genotype-controlled blood meals. They observed that transmission of the malaria parasite from human blood to mosquito is enhanced when the blood meal came from individuals carrying HbC.

doi: 10.1038/ng.554

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度