Research press release

不整脈に関連する多型

Nature Genetics

Variants associated with irregular heartbeat

特定のタイプの心房細動に対する高いリスクに関連する遺伝的多型が同定された。

心房細動は、心不整脈の中で最も多くみられるタイプのもので、欧米での患者数は、約700万人に上る。典型的な心房細動の危険因子は、加齢、男性、肥満、高血圧、心不全である。ところが、心房細動症例のごく一部を占めるに過ぎない孤立性心房細動の場合には、明確な誘発因子が見られず、その一方、より低い年齢層で発症している。

P Ellinorらは、発症年齢が66歳未満で、心不全の病歴のない孤立性心房細動患者1,335人のゲノムを解析した。その結果、染色体1q21上のKCNN3遺伝子における多型と孤立性心房細動との遺伝的関連が判明した。

A genetic variant associated with increased risk for a specific type of arterial fibrillation is reported this week in Nature Genetics.

Atrial fibrillation (AF) is the most common type of cardiac arrhythmia and affects approximately seven million people in the US and Europe. Risk factors for typical AF include age, gender, obesity, high blood pressure and heart failure. However, a fraction of AF cases, referred to as lone AF, show no clear instigating factors and appear in younger individuals.

Patrick Ellinor and colleagues scanned the genomes of 1,335 patients with lone AF, with age of onset below 66 years and no history of previous heart failure. The scientists report a genetic association of lone AF to a variant on chromosome 1q21, within the gene KCNN3.

doi: 10.1038/ng.537

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度