Research press release

「ばち指」に関する遺伝的手がかり

Nature Genetics

Genetic clue to ‘clubbing’

ばち指の原因となる遺伝子変異が同定された。ばち指とは、指と指の爪の変形で、いくつかの心肺疾患と関連している。この知見は、Nature Genetics(電子版)に掲載されるが、ばち指と関連する一連の疾患の診断に直ちに影響を及ぼす可能性がある。

太鼓のばちのように肥厚したばち指は、「ヒポクラテス指」と呼ばれることもある。これは、ばち指が病気の徴候だと言い出したのがヒポクラテスだったと考えられていることによる。また、ばち指は、最初に調べるべき臨床徴候の1つだと医学生は教え込まれている。ばち指は、ほとんどの場合に、重篤な疾患、特に肺癌、心臓病、甲状腺機能亢進症、消化管疾患の徴候となっている。

リーズ大学(英国)のD Bonthronらは、痛みを伴った関節の腫れを症状とし、ばち指がみられる一次性肥大性骨関節症(PHO)患者のいるパキスタン人家系(3家系)を調べた。その結果、脂環式化合物のプロスタグランジンを分解する役割を担う主要酵素15-ヒドロキシプロスタグランジンデヒドロゲナーゼをコードする遺伝子の変異を同定した。さらにBonthronらは、一次性肥大性骨関節症患者において、プロスタグランジンの1つであるE2の値が慢性的に高いことを明らかにした。一次性肥大性骨関節症患者の臨床徴候については、プロスタグランジンの既知の機能によって説得力のある説明ができる。ここからは、ばち指が二次的に生じている肺癌や心臓病のような他の疾患についても、体内を循環するプロスタグランジンのレベルが常に高いことによって説明できることが示唆されている。

Bonthronらは、単純明快な尿検査でプロスタグランジンE2の値を調べることが、原因不明のばち指を持つ患者の診断にとって有用な第一歩となる、という見方を示している。

Scientists have identified a mutation in a gene that causes digital clubbing, a deformity of the fingers and fingernails that is associated with a number of diseases of the heart and lungs. The finding, published online this week in Nature Genetics, may have immediate implications for the diagnosis of a range of disorders that are associated with clubbing.

Sometimes called ‘Hippocratic fingers’?Hippocrates may have been the first to propose clubbing as a sign of disease?bulbous or club-shaped fingers are one of the first clinical features that medical students are taught to look for in conducting an examination. It is almost always the sign of serious disease, notably lung cancer, heart disease, hyperthyroidism, and disorders of the gastrointestinal tract.

David Bonthron and colleagues studied three Pakistani families with primary hypertrophic osteoarthropathy (PHO), a disorder in which clubbing is accompanied by painful joint enlargement. They mapped a mutation in the gene encoding 15-hydroxyprostaglandin dehydrogenase, which is the main enzyme responsible for the degradation of prostaglandins ?fatty compounds. They went on to show that the individuals with PHO had chronically elevated levels of one particular prostaglandin called E2. The known functions of prostaglandins provide a plausible explanation for the clinical features of PHO, and suggest that other disorders where clubbing is secondary to lung cancer or heart disease may also be explained by consistent exposure to elevated levels of circulating prostaglandins.

The authors suggest that a straightforward urine test for levels of prostaglandin E2 may be a useful first step in the diagnosis of individuals with unexplained clubbing.

doi: 10.1038/ng.153

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度