Research press release

がんにも見つかったパーキンソン病関連遺伝子の変異

Nature Genetics

Parkinson's gene mutated in cancer

早期発症型パーキンソン病において高頻度に変異しているPARK2遺伝子が、神経膠芽腫、大腸がん、肺がんの場合にも変異していることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この研究結果は、PARK2遺伝子の生殖細胞系列変異がニューロンの異常を引き起こしてパーキンソン病を発症させる一方で、PARK2遺伝子の体細胞変異ががんの一因となることを示唆している。

パーキンソン病は、一般的な神経変性疾患で、全世界で400万人以上の患者がいる。多くのパーキンソン病症例では、パーキンソン病の家族歴のない人々が発症している。それでも全症例の15%は、同病の家族歴のある患者で、その多くはPARK2など既知の関連遺伝子の変異がある。PARK2遺伝子の生殖細胞系列変異があると、若くして脳内の特定のニューロンが失われるが、同遺伝子は、肺、大腸、精巣などほかの組織で発現することも知られている。

スローン・ケタリング記念がんセンター(米国ニューヨーク州)のT Chanらは、脳腫瘍の中でもアグレッシブな神経膠芽腫の約2%と大腸がん検体の6%において、PARK2遺伝子の両方の対立遺伝子に欠失を見いだし、神経膠芽腫と肺がんにおいてPARK2遺伝子の変異を同定した。さらに行われた機能実験では、このようながん特異的なPARK2遺伝子変異が、PARK2タンパク質の細胞増殖抑制作用に影響を及ぼしていることが判明した。

PARK2, a gene commonly mutated in early-onset Parkinson's disease, is also mutated in glioblastoma, colon cancer and lung cancer, according to a new study published online in this week's Nature Genetics. This suggests that while germline mutations in PARK2 cause neuronal defects that lead to Parkinson's disease, somatic mutations in PARK2 contribute to cancer.

Parkinson's disease is a common neurodegenerative disorder that affects more than four million people worldwide. Most cases of Parkinson's disease occur in people with no familial history of the disorder. However, 15% of cases occur in patients with familial history of the disease, many of whom carry mutations in known genes, including PARK2. Germline mutations in PARK2 lead to early-onset loss of specific neurons in the brain, but PARK2 is also known to be expressed in other tissues, including the lung, colon and testes.

Timothy Chan and colleagues report that they found deletions within both alleles of PARK2 in about 2% of glioblastoma ― an aggressive type of brain tumor ― and 6% of colon cancer samples. The scientists also identified mutations in the PARK2 gene in glioblastoma and lung cancer. Functional experiments show that these cancer-specific PARK2 mutations affect the ability of PARK2 protein to suppress cell growth.

doi: 10.1038/ng.491

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度