Research press release

アルコール性肝疾患にも関連する多型

Nature Genetics

Variant associated with alcoholic liver disease

非アルコール性脂肪性肝疾患に関連することで知られる遺伝子多型がアルコール性肝疾患にも関連していることを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

米国では、毎年およそ2万7,000人が肝硬変(肝臓の瘢痕化)で命を失っている。死亡例のほぼ半数はアルコールが関係しているが、アルコール中毒者における肝硬変の発症率は10~15%にとどまっている。従来の研究では、PNPLA3遺伝子の多型が非アルコール性脂肪性肝疾患に関連することが明らかになっていた。脂肪肝の炎症が起きる非アルコール性脂肪性肝疾患は、アルコール摂取とは関係がない。

バーレジェン社(米国カリフォルニア州マウンテンビュー)のD Hindsらは、アルコール乱用歴のあるメキシコシティーのアメリカ先住民系とヨーロッパ系の混血の人々において、PNPLA3遺伝子の多型が臨床的に明らかな肝疾患にも関連することを明らかにした。この遺伝子多型は、遺伝的背景の似た人々から肝疾患のリスクの高い人を見つけ出すうえで役立つかもしれない。

A genetic variant known to be associated with nonalcoholic fatty liver disease is also associated with alcoholic liver disease, according to a study published online in this week's Nature Genetics.

Liver cirrhosis ― scarring of liver ― causes approximately 27,000 deaths each year in the United States. Approximately half of these deaths are alcohol related, although only 10-15% of alcoholics develop cirrhosis. Previously, a genetic variant in the gene PNPLA3 was shown to be associated with nonalcoholic fatty liver disease, a fatty inflammation of the liver that is not related to alcohol use.

David Hinds and colleagues show that variation in PNPLA3 is also associated with clinically evident liver disease in individuals with mixed European and Native American ancestry from Mexico City that have a history of substantial alcohol abuse. This genetic variant may help identify individuals of a similar genetic background who have an increased risk of liver disease.

doi: 10.1038/ng.488

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度