Research press release

全身性エリテマトーデスに関連する多型

Nature Genetics

Variants associated with systemic lupus erythematosus

2つの独立した研究により、全身性エリテマトーデス(SLE)の高いリスクに関連する12の遺伝的多型が新たに同定された。この成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。これらの研究成果を総合すると、SLEの遺伝的基盤の理解が深まり、また、他方で、SLEの遺伝的危険因子に集団間差異があることを明らかになっている。

全身性エリテマトーデスは、個人差の大きい自己免疫疾患で、患者自身の免疫系が体内組織を攻撃する。SLEに罹患すると、多くの場合に、比較的良性の症状とより重い症状を繰り返し、こうした経過が一生続く。SLEの罹患率は、ヨーロッパ人集団で10万人当たり7~71症例、中国人集団で10万人当たり31~70症例となっている。

ジェネンテック社(米国カリフォルニア州サウスサンフランシスコ)のR Grahamらは、米国とスウェーデンの約2,000人の患者のゲノムを解析し、SLEの高いリスクに関連する感受性座位を新たに5つ同定した。また、安徽医科大学(中国安徽省)のX-J Zhangらは、中国の4,000人のSLE患者について解析を行い、SLE感受性座位を新たに9つ発見した。そのうちの2座位は、Grahamらが見つけたものと重複している。

Twelve new genetic variants are associated with increased risk of systemic lupus erythematosus (SLE), according to 2 independent studies published online in this week's Nature Genetics. Together the studies increase our understanding of the genetic basis of SLE, but also highlight the differences in genetic risk factors for SLE between populations.

Systemic lupus erythematosus is a highly variable autoimmune disease in which a person's immune system attacks tissue in his or her own body. The disease course often cycles from relatively benign to more severe symptoms throughout a patient's life. The prevalence of SLE ranges from 7 to 71 cases per 100,000 people in European populations and from 31 to 70 cases per 100,000 individuals in Chinese populations.

Robert Graham and colleagues analyzed the genomes of approximately 2000 patients from the United States and Sweden and identified five new susceptibility loci that are associated with increased risk of SLE. Xue-Jun Zhang and colleagues analyzed 4000 SLE patients from China and discovered 9 new susceptibility loci for SLE, with 2 loci overlapping those found by Graham and colleagues.

doi: 10.1038/ng.468

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度