Research press release

骨密度に関連する多型

Nature Genetics

Variants associated with bone mineral density

骨密度に関連する13個の遺伝子座が新たに同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

骨密度は、骨量と骨強度が低下し、骨折のリスクの高まる疾患である骨粗しょう症の重要な臨床指標の1つである。全世界で数百万人の患者がおり、女性のほうが男性よりも骨粗しょう症の発症率が高い。

エラスムス医療センター(オランダ、ロッテルダム)のF Rivadeneiraらは、骨密度に関連する13個の遺伝子座を新たに同定した。これらの遺伝子座の多くは、骨代謝に関与する遺伝子の内部や近傍に位置している。

Thirteen new genetic loci are associated with bone mineral density, according to a new study published online in this week's Nature Genetics.

Bone mineral density is an important clinical indicator for osteoporosis, a disease in which bone mass and bone strength are reduced and risk of bone fracture is increased. Millions of people are affected around the world, though women are more likely to develop osteoporosis than men.

Fernando Rivadeneira and colleagues identify 13 new genetic loci that are associated with bone mineral density. Many of the loci are located within or close to genes involved in bone metabolism.

doi: 10.1038/ng.446

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度