Research press release

アジア人におけるB型肝炎リスク

Nature Genetics

Risk for hepatitis B in Asians

アジア人におけるB型肝炎ウイルスの持続感染リスクと関連する遺伝子多型が同定されたことを報告する研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。慢性B型肝炎は、最も一般的な感染性肝疾患の1つで、B型肝炎ウイルス(HBV)が原因となっている。

今回、中村祐輔(東京大学医科学研究所)らは、アジア人を対象とした関連解析を行い、HLA-DPA1遺伝子とHLA-DPB1遺伝子を含むゲノム領域内の11個の遺伝子多型と慢性B型肝炎感染との間に有意な関連があることを明らかにした。この2つの遺伝子は、HBVに対する有効な免疫応答を始動させるために非常に重要なタンパク質がコードされている遺伝子と構造が似ている。

全世界には、推定4億人のHBV慢性感染者がおり、肝臓がんの約60%が慢性B型肝炎や肝硬変と関係がある。HBV感染後の臨床転帰には大きな個人差があるため、HBVが引き起こす肝疾患の進行に関係する遺伝的要因と環境要因を同定することが極めて大事である。

Scientists have identified genetic variations associated with the risk of persistent infection of hepatitis B virus in Asian populations, according to a study online this week in Nature Genetics. Chronic hepatitis B is one of the most common infectious liver diseases caused by hepatitis B virus (HBV).

Yusuke Nakamura and colleagues carried out an association study in Asian populations, and identified a significant association between chronic hepatitis B infection and 11 genetic variations in a region of the genome that includes the HLA-DPA1 and HLA-DPB1 genes. These genes are structurally similar to genes that encode proteins critical for launching an effective immune response against HBV.

There are an estimated 400 million people chronically infected with HBV worldwide, and nearly 60% of liver cancers are related to chronic hepatitis B and liver cirrhosis. Since the clinical outcomes after the exposure to HBV are highly variable, identification of genetic and environmental factors that are related to progression of HBV-induced liver diseases is critically important.

doi: 10.1038/ng.348

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度