Research press release

がんに関連する遺伝的多型が新たに同定される

Nature Genetics

New genetic variants associated with cancer

3種類のがんに関して、その高い発症リスクに関連する比較的高頻度の遺伝的多型が同定されたことを報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

国立がん研究所(米国メリーランド州ベセズダ)のS Chanockらは、数千人のすい臓がん患者のゲノムを解析し、血液型を制御する重要な遺伝子ABOの多型性が、すい臓がんの高い発症リスクに関連していることを見いだした。1950~1960年代の研究で、A、AB、B型の血液型をもつ人が、O型の人よりすい臓がんの発症リスクが高いことが示唆されていたが、今回の知見は、その結果を説明付けている。すい臓がんは、致死率の高い疾患で、ほとんどの症例で患者は死亡している。

ケンブリッジ大学(英国)のP Pharoahらは、数千件の卵巣がん症例のゲノムを解析し、卵巣がんの高い発症リスクに関連する遺伝的多型を染色体9p22に同定した。卵巣がんも生存率が低く、診断確定後5年間生存した症例は、診断確定症例の約半数に留まっている。

さらに、MDアンダーソンがんセンター(米国テキサス州ヒューストン)のX Wuの研究チームは、米国とヨーロッパの人々の集団において、PSCA(前立腺幹細胞抗原)遺伝子の多型性が膀胱がんの高い発症リスクに関連していることを見出した。欧米諸国において、膀胱がんは、すい臓がんや卵巣がんよりも罹患率が高いが、生存率も高く、診断確定後5年間生存した症例は、診断確定症例の約80%を占めている。

Common gene variants are associated with increased risk of 3 different types of cancer, according to studies published online in this week's Nature Genetics.

Stephen Chanock and colleagues analyzed the genomes of thousands of pancreatic cancer patients and found that genetic variation at ABO, an important gene that regulates blood type, is associated with increased risk of pancreatic cancer. This finding provides an explanation for studies done in the 1950s and 1960s, which suggested that individuals with the A, AB, or B blood type have increased risk of pancreatic cancer, compared to individuals with blood group O. Pancreatic cancer is a highly fatal disease, leading to mortality in most cases.

Paul Pharoah and colleagues scanned the genomes of thousands of ovarian cancer cases and identified a genetic variant on chromosome 9p22 that is associated with increased risk of this disease. Ovarian cancer also has poor survival rates, with about half of diagnosed cases surviving 5 years past diagnosis.

Finally, Xifeng Wu and her team found that variation in the prostate stem cell antigen (PSCA) gene is associated with increased risk of urinary bladder cancer in US and European populations. Although urinary bladder cancer is more common in Western countries than pancreatic and ovarian cancers, urinary bladder cancer has a better survival rate, with approximately 80% of diagnosed cases surviving past 5 years of diagnosis.

doi: 10.1038/ng.429

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度