Research press release

リンゴのゲノム解読

Nature Genetics

Apple genome sequenced

リンゴのゲノム塩基配列が、Nature Genetics(電子版)に発表される。今回発表されるのは、ゴールデンデリシャス種のゲノムの高精度概要塩基配列である。

リンゴの栽培化は、今から約4,000年前に中近東で始まった。現在、リンゴは、温帯地域における主要な果実作物で、世界全体でのリンゴの生産量は、6,000万メートルトンを超えており、1人当たりで換算すると年間約20ポンド(約9キログラム)である。

R Velascoらは、栽培種リンゴのゲノムの塩基配列を解読し、構築した。その長さは、約7億4230万塩基対である。今回、組み立てられたゲノムは、ゲノム塩基配列全体の約81.3%に相当する。

このゲノムデータは、今後のリンゴの品種改良にとって有用な資源となるかもしれない。

The genome sequence of the apple is published in this week's issue of Nature Genetics. A high-quality draft genome sequence of the 'Golden Delicious' apple variety is reported.

The domesticated apple appeared in the Near East approximately 4,000 years ago. The apple crop is the main fruit crop of temperate regions and worldwide apple production now exceeds 60 million metric tons, or approximately 20 pounds of apples per year per person.

Riccardo Velasco and colleagues sequenced and assembled the domesticated apple genome, which is approximately 742.3 million base pairs long. The genome assembly covers approximately 81.3% of the genome sequence.

The data could prove a useful resource for breeding improved apple varieties in the future.

doi: 10.1038/ng.654

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度