Research press release

睡眠障害は自己免疫応答と関係しているかもしれない

Nature Genetics

Sleep disorder associated with autoimmune response

免疫系が自らの脳の睡眠中枢を攻撃することがナルコレプシーの原因かもしれないという見方を示した研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

ナルコレプシーは、脳の制御領域深部における細胞の減少と関係する自己免疫疾患で、昼間に突然眠気を催すという特徴がある。ただし、この疾患については、解明が進んでいない。このほど、ヨーロッパ系とアジア系の人々が有する遺伝子の多型とナルコレプシーとの間に、有意な関連が認められた。この遺伝子には、免疫系のT細胞が外部から体内に侵入したタンパク質を認識する際に用いる重要な受容体がコードされている。

この研究で、スタンフォード大学(米国)のE Mignotらは、ゲノムワイド関連解析を行って、ナルコレプシーに対する感受性と関連するゲノム領域を新たに同定し、T細胞受容体遺伝子において、ナルコレプシーの高い発症リスクと関連する3種類のDNA多型を同定した。この知見には興味をそそられる。なぜならば、これまでにヨーロッパ系とアジア系の人々や、アフリカ系アメリカ人におけるナルコレプシーと遺伝的関連があるとされた唯一の遺伝子多型の場合、遺伝子には白血球に発現するヒト白血球抗原という分子がコードされていたからである。ヒト白血球抗原は、「外来の」タンパク質をT細胞受容体に提示する役割を担っているのである。

Mignotらが同定した遺伝子多型は、ナルコレプシーの自己免疫要素の原因解明に向けた大きな前進である。これは、T細胞受容体遺伝子の多型が関与する疾患に関する初めての研究報告でもある。

An assault of the immune system on sleep centers of the brain may cause narcolepsy, according to a study published online in Nature Genetics.

Narcolepsy is an elusive autoimmune disorder linked to depletion of cells deep in the regulatory regions of the brain and characterized by sudden onset of daytime sleepiness. Scientists have now detected a significant association between narcolepsy and a gene variant found in individuals of European as well as of Asian ancestry. The gene encodes an important receptor used by T-cells of the immune system to recognize foreign proteins in the body.

Emmanuel Mignot and colleagues carried out a genome wide association study to identify novel areas of the genome associated with susceptibility for narcolepsy. They found three distinct DNA variants in the T-cell receptor gene that were associated with an increased risk of the disorder. Their finding is intriguing since the only previous genetic association with narcolepsy among Europeans, Asians, and African Americans has been with another gene variant that encodes a molecule expressed on white blood cells, called human leukocyte antigen, that is responsible for presenting 'foreign' proteins to T-cell receptors.

The variants identified by Mignot and colleagues represent a significant advance into unraveling the cause of the autoimmune component of this disorder. This is also the first involvement of T-cell gene variants to be documented for any disease.

doi: 10.1038/ng.372

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度