Research press release

アジア人の一般的形質の遺伝要因

Nature Genetics

Genetic factors for common traits in Asians

韓国の科学者チームが、東アジア人を対象とした健康関連遺伝子の大規模スクリーニングを初めて行った。この成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この研究では、2型糖尿病と心臓病、肥満、骨粗しょう症に関係する代謝形質と関連した遺伝子多型の一部が、ヨーロッパ人集団とアジア人集団の双方で確認された。その一方で、アジア系の人々に特異的な健康リスクをもたらす遺伝子多型、あるいはアジアに広くみられる環境要因と組み合わさることで影響が大きくなる遺伝子多型も新たに同定された。

これまでに行われた関連解析の大部分はヨーロッパ人が対象となっていたが、今回、H-L Kimらは、韓国国内の集団ベースのコホートを対象とした大規模なゲノムワイド関連解析を行った。その結果、身長や肥満度指数といった一般的形質との関連が既に認められていた遺伝子多型が、ヨーロッパ人集団とアジア人集団で重複していることを確認した。また、血圧や骨密度、脈拍数、肥満などの生物医学的形質との関連では、これまで報告されていなかった座位にある遺伝子多型が東アジア人において特異的に同定された。

Scientists in Korea have carried out the first large screen of health-related genes in an East Asian population. Their study, reported online this week in Nature Genetics, found that gene variants associated with metabolic traits related to type 2 diabetes, heart disease, obesity and osteoporosis are partly shared between European and Asian populations, but the study also found new gene variants that either confer health risks specific to Asian ancestry or which show greater effects in combination with environmental factors prevalent in Asia.

While the majority of association studies have been carried out in European populations, Hyung-Lae Kim and colleagues launched their large genome-wide association study in population based cohorts recruited in Korea. Genetic variants previously associated with common traits such as height and body mass index overlapped in both European and Asian populations. However, several new variants in previously unreported loci were identified specifically in East Asians in association with biomedical traits such as blood pressure, bone density, pulse rate, and obesity.

doi: 10.1038/ng.357

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度