Research press release

トマトの現生種の起源

Nature Genetics

The origins of the modern tomato

トマトの現生種の果実サイズが極めて大きいことの主要原因の1つとなっている遺伝子変異が同定された。この成果を報告する研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

現代の栽培種のトマトは、その果実が、野生原種の最大1,000倍にもなっている。トマトが栽培化される過程で、果実が大きくなった明白な理由の1つは、心皮の数が増えたことである。心皮は、果実の最終的な子室数を決める器官である。

コーネル大学(米国ニューヨーク州)のS Tanksleyらは、子室数が多いトマト株あるいは子室数の少ないトマト株を交配してから、遺伝子マッピング研究を行い、心皮数の多様性の原因となっている1つ以上の遺伝子の同定を試みた。その結果、子室数が多いトマト株の場合だけ、fas遺伝子に6~8キロベースの挿入があることが判明した。挿入変異のあるトマト株においては、花芽の成長期にfas遺伝子の発現が低かった。Tanksleyらは、30種のチェリートマト株を調べたが、この挿入変異は全くみられなかった。チェリートマトは、トマトの野生型で、より小型の原種とつながりがあると考えられている。

この挿入変異は、現代の栽培種のトマトにのみみられることから、Tanksleyらは、この挿入変異が、トマトの栽培化過程で、最近生じ、大型果実が選ばれるようになった結果、急速に広がった、という考え方を示している。

Scientists have identified a genetic mutation that acts as a major contributor to the extreme fruit size associated with the modern tomato, according to a study published online this week in Nature Genetics.

Modern cultivated tomatoes produce fruit as much as 1,000 times larger than their wild progenitors. One clear reason for the increase in tomato size during its domestication is the increased number of carpels ? organs ? which determines the final number of compartments in the fruit.

Steven Tanksley and colleagues crossed lines of tomatoes with either high or low compartment number, and carried out genetic mapping studies to identify the gene or genes responsible for the variation in carpel number. They identified an insertion of 6?8 kilobases in a gene they call fas only in the tomatoes with high compartment number. Expression of the gene is reduced in the developing flower buds in tomatoes carrying the insertion. A survey of 30 different lines of cerasiforme, the wild form of tomato thought to be related to the smaller progenitors, showed that none carried the insertion.

As the insertion is found exclusively in modern cultivated tomatoes, the authors suggest that the mutation occurred recently in tomato domestication, and then spread rapidly as a result of selection for larger fruit.

doi: 10.1038/ng.144

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度