Research press release

白血病治療薬の新しい標的

Nature Genetics

New drug target for leukaemia

慢性骨髄性白血病(CML)の場合、造血幹細胞に遺伝的変異が生じ、それが白血病細胞の増殖に必須となっているが、この遺伝的変異が生じた造血幹細胞を既存の薬剤で狙い撃ちできることが明らかになった。この成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。この研究では、ある種の白血病の治療において薬剤標的となりうる特定の細胞が明示されている。

マサチューセッツ大学医学系大学院(米)のS Liらは、遺伝的変異によって生じたBCR-ABL遺伝子を用いて発症させたCMLのマウスモデルを使った。BCR-ABL遺伝子は、2つの正常な遺伝子が融合したもので、ヒトCMLの場合にもみられる。その結果、BCR-ABL遺伝子を有し、Alox5遺伝子の欠如したマウスは、CMLを発症しないことが判明した。

Alox5遺伝子の機能を標的とする薬剤は既に開発されているため、Liらは、そのうちの1つを使って調べたところ、CMLマウスの寿命が延び、その際に正常な血液細胞の産生は阻害されなかった。今回の研究は、白血病細胞の大部分を標的とするよりもCMLを発症させる前駆細胞を特異的に標的とする方法が有効なことを実証している。

A genetic change in leukaemia cells that is essential to their proliferation, but also makes the cells vulnerable to an existing drug, has been identified in a paper online this week in Nature Genetics. The research highlights specific cells that could be used as drug targets in the treatment of certain types of leukaemia.

Shaoguang Li and colleagues used one particular mouse model of chronic myeloid leukaemia (CML) caused by a mutation called BCR-ABL that fuses together two normally separate genes just as it does in human leukaemia. They found that the mice with this mutation, but lacking a third gene, called Alox5, did not get the leukaemia.

Since drugs targeting Alox5 function have already been developed, the researchers tested one of these and found it prolonged the life of the mice with leukaemia, without impairing the production of normal blood cells. This research demonstrates that a strategy to target specifically the progenitor cells that initiate this leukemia, rather than the bulk of the cancer cells, is feasible.

doi: 10.1038/ng.389

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度