Research press release

DNA塩基配列以外に受け継がれるもの

Nature Genetics

Inheritance extends beyond the DNA sequence

一卵性双生児どうしのほうが二卵性双生児どうしよりも似ている原因は、DNA塩基配列の類似性だけでなく、DNAの発現を制御する化学修飾のパターンの類似性にもあるとする考え方を示した論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

遺伝子の発現は、さまざまな化学修飾因子によって制御されている。そうした因子の1つがメチル基で、近年、ゲノム全体にわたったメチル化パターンの解析が行われてきている。このほど、中毒・精神衛生センター(カナダ・トロント)のA Petronisらは、一卵性双生児と二卵性双生児の組織のプロファイリングを行うことで、DNAメチル化の個人差に関する初めてのゲノムワイドな研究を実施した。そして、ゲノムの異なる二卵性双生児は、同じゲノムを有する一卵性双生児よりも、DNAメチル化の差が大きいことを実証した。Petronisらは、親から受け継いだDNAメチル化プロファイルの差異が、表現型の差異を生じさせる上で相当程度の寄与をしている可能性があるという考え方を示している。

Identical twins are more alike than fraternal twins not only because of the similarity of their DNA sequence, but also because the pattern of chemical modifications that regulate expression of their DNA is also more similar, suggests a study published online this week in Nature Genetics.

Gene expression is regulated by a variety of chemical modifiers, including methyl groups, which have been characterized across whole genomes in recent years. Art Petronis and colleagues carried out the first genome-wide study of inter-individual differences in DNA methylation by profiling tissues from both identical and fraternal twins. They show that fraternal twins, who have different genomes, also have more DNA methylation differences than identical twins, who have identical genomes. The authors suggest that variation in inherited DNA methylation profiles could make a substantial contribution to variation in phenotype.

doi: 10.1038/ng.286

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度