Research press release

慢性リンパ球性白血病におけるテロメアタンパク質の阻害

Nature Genetics

Telomere protein disrupted in chronic lymphocytic leukemia

慢性リンパ球性白血病(CLL)症例の一部で、染色体の末端部分を再編成から守るために重要なタンパク質を阻害する変異の獲得が起こっていることを報告する論文が掲載される。

CLLは、全世界で成人10万人当たり1~5人が罹患している。今回、C Lopez-Otinたちは、患者由来のCLLのサンプル127点とそれに対応する正常組織を解析したうえで、別の214人のCLL患者を対象とした追試を行った。その結果、検討した症例全体の3.5%で、POT1遺伝子の変異が同定された。POT1遺伝子は、染色体の末端に存在する保護構造であるテロメアの維持に重要な役割を担うシェルタリン複合体の一因子をコードしている。これは、ヒトがんにおいてシェルタリン複合体の構成要素に変異のあることを報告する初めての論文である。

Some cases of chronic lymphocytic leukemia (CLL) have acquired mutations that disrupt a protein important for protecting chromosome ends from undergoing rearrangements, reports a study published online this week in Nature Genetics.

CLL affects between one and five per 100,000 adults worldwide. Carlos Lopez-Otin and colleagues analyzed the protein-coding regions of 127 CLL samples from patients and matched normal tissue, with follow-up studies in 214 additional CLL patients. They identified POT1 gene mutations in 3.5% of cases studied. POT1 encodes a member of the shelterin complex, which has an important role in maintaining telomeres, the protective structures present at the ends of chromosomes. These are the first reported mutations in a component of the shelterin complex in human cancer.

doi: 10.1038/ng.2584

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度