Research press release

子宮内膜がんにおける体細胞変異

Nature Genetics

Somatic mutations in endometrial cancer

頻発する体細胞変異によって子宮内膜がんが起こることを報告する論文が、今週、Nature Genetics(オンライン版)に掲載される。

子宮内膜がんは、世界で6番目に多く診断される女性のがんである。今回、D Bellたちが、13例の原発性漿液性子宮内膜腫瘍について、エキソーム(ゲノムのコード領域)の塩基配列解読を行った。その後、頻度スクリーニングが行われ、別の40例の原発性漿液性子宮内膜がんを対象として、頻発性を示す18個の遺伝子の塩基配列解読が行われた。さらにBellたちは、主要な組織学的サブタイプの比較を行うため、これらの遺伝子のうちの3個の遺伝子の塩基配列解読を23例の子宮内膜明細胞腫瘍、67例の類内膜性腫瘍、18例の混合組織型子宮内膜腫瘍において行った。その結果、クロマチンリモデリングやユビキチンリガーゼ複合体に関与する遺伝子の体細胞変異が頻発することが判明し、こうした過程が、子宮内膜がんの発症機序にとって重要なことが示唆されている。

Recurrent somatic mutations causing endometrial cancer, affecting the lining of the uterus, are reported in a study published online this week in Nature Genetics.

Endometrial cancer is the sixth most common cancer in women worldwide. Daphne Bell and colleagues report sequencing of the exome, the coding regions of the genome, of 13 primary serous endometrial tumors. They followed with a prevalence screen, sequencing 18 genes showing recurrence in an additional 40 serous endometrial tumors. To compare across the major histological subtypes, Bell and colleagues also sequenced 3 of these genes in 23 clear-cell, 67 endometrioid and 18 mixed-histology endometrial tumors. They identified a high frequency of somatic mutations in genes involved in chromatin remodeling or ubiquitin ligase complex, suggesting the importance of these processes in the pathogenesis of endometrial cancer.

doi: 10.1038/ng.2455

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度