Research press release

潰瘍性大腸炎の危険因子

Nature Genetics

Risk factors for ulcerative colitis

一般的な炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎の素因となる遺伝子多型が同定された。この成果を報告する研究論文がNature Genetics(電子版)に掲載される。

潰瘍性大腸炎は、腸の一般的な炎症性疾患の1つである。第一度近親者に潰瘍性大腸炎患者がいる人は、この疾患のリスクが高いことが知られているが、具体的な疾患関連遺伝子は特定されていなかった。クリスチャン・アルブレヒト大学(ドイツ・キール)のS Schreiberらは、潰瘍性大腸炎では初の全ゲノム関連解析を行い、そのリスクを高める数種類の遺伝子多型を報告している。非常に興味深いのは、免疫系のさまざまな細胞から分泌される因子であるインターロイキン10をコードする遺伝子のすぐそばの位置に遺伝子多型が発見された点である。大腸炎患者にインターロイキン10を投与すると、プラスの効果があることが初期の研究で報告されているが、このように治療に役立つと考えられる方法について、これ以上に詳細な評価は行われていない。

Schreiberらは、潰瘍性大腸炎の治療におけるインターロイキン10の有効性を検証するための臨床試験を行うことを提唱している。

Scientists have discovered Genetic variants that predispose people to the common inflammatory bowel disease ulcerative colitis, according to a study published online this week in Nature Genetics.

Ulcerative colitis is a common inflammatory disorder of the intestine. Although individuals with first-degree relatives who are affected are known to be at higher risk, the individual genes involved have not been established. Stefan Schreiber and colleagues carried out the first genome-wide association study of colitis and report several variants that increase risk of the disease. Most interestingly, the scientists found a variant immediately alongside the gene encoding interleukin 10, a factor secreted by a range of cells of the immune system. The administration of interleukin 10 to individuals with colitis has been reported to have a positive effect in initial studies, although this potential therapy has not been assessed more thoroughly.

The authors propose that clinical trials should be carried out to test how effective interleukin 10 is in treating ulcerative colitis.

doi: 10.1038/ng.221

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度