Research press release

肺炎球菌ゲノムの塩基配列解読

Nature Genetics

Pneumococcal genome sequencing

細菌ゲノムの塩基配列解読を利用して、肺炎など現在の肺炎球菌の流行を追跡調査した結果が明らかになった。その詳細が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。 肺炎とその他の侵襲性肺炎球菌性疾患(細菌性髄膜炎を含む)の主な原因の1つが、肺炎連鎖球菌である。今回、P Donnellyたちは、肺炎連鎖球菌の62点の分離株の塩基配列解読を行った。これらの分離株は、米国疾病管理予防センター(CDC)の全国モニタリングプログラムにおいて2000〜2007年に米国内の10か所で患者から分離された27,000点の試料から疫学的関心の高さに従って選び出された。Donnellyたちは、2000年に米国で導入されたPCV7肺炎球菌ワクチンの効果とこのワクチンの導入で肺炎球菌ゲノムに働いた選択圧を考察し、これらの患者集団における一定の期間にわたる肺炎球菌の進化を検討し、複数のDNA断片の組換えが果たす重要な役割を特定した。

Bacterial genome sequencing is used to track current pneumococcal epidemics, such as pneumonia, in a study reported this week in Nature Genetics. Steptococcus pneumoniae is a major cause of pneumonia as well as other invasive pneumococcal diseases including bacterial meningitis. Peter Donnelly and colleagues report sequencing of 62 isolates of S. pneumoniae. These isolates were selected for epidemiological interest from within a CDC national monitoring program that included 27,000 samples isolated from patients at ten different locales in the United States from 2000-2007. The authors consider the effects of the introduction of the PCV7 pneumococcal vaccine in the US in 2000, and the selection that this imposed on the bacterial genome. They examine the pneumococcal evolution in these populations over time, and identify an important role for multi-fragment recombination.

doi: 10.1038/ng.1072

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度