Research press release

統合失調症に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with schizophrenia

漢民族系中国人の統合失調症に関連する遺伝的多型を調べた2つの独立した研究の結果が明らかになった。これらの研究では、ヨーロッパ系集団に関する研究結果と比較することで、漢民族系中国人における集団特異的な多型を検討し、統合失調症に関連する遺伝子候補を新たに同定した。

Y Shiたちは、漢民族系中国人に関して、統合失調症の3,750症例を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、さらに4,383症例で追試を行って、解析結果の再現性を確認した。その結果、統合失調症に対する感受性に関連する2つの座位がゲノム上に新たに同定された。

一方、D Zhangたちは、同じく漢民族系中国人に関して、統合失調症の746症例を対象としたゲノムワイド関連解析を行い、さらに4,027症例で追試を行って、解析結果の再現性を確認した。この研究では、統合失調症感受性に関連する1つの座位がゲノム上に新たに同定された。

Genetic variants associated with schizophrenia in the Han Chinese population are reported in two independent studies published this week in Nature Genetics. The studies consider population-specific differences in comparison to previous studies in European ancestry populations, and highlight new candidate genes associated with this disorder.

Yongyong Shi and colleagues report a genome-wide association study in 3,750 cases, with replication of results from an additional 4,383 cases, all from the Han Chinese population. They identify two genomic loci newly associated with susceptibility to schizophrenia.

In the second study, Dai Zhang and colleagues report an independent genome-wide association study in 746 schizophrenia cases, with replication in an additional 4,027 cases, also from the Han Chinese population. The authors identify one genomic loci newly associated with susceptibility to schizophrenia.

doi: 10.1038/ng.980

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度