Research press release

ハンセン病感受性に影響する新たな座位の同定

Nature Genetics

Identification of new loci influencing susceptibility to leprosy

ハンセン病に罹患しやすいかどうかには個人差があるが、その理由について手がかりをもたらす2つの遺伝的多型が新たに明らかになった。

今回、F Zhangたちは、ハンセン病の感受性に関するゲノムワイド関連解析を行い、ハンセン病の発症リスクに関連する多型をIL23R遺伝子とRAB32遺伝子の近傍に同定した。このIL23R遺伝子の多型が関与していることは、ハンセン菌に対する細胞の防御に正常な細胞過程の1つであるオートファジー(自食作用)が関係していることを示唆している。ヒトの細胞は、オートファジーによって、細胞内成分のリサイクルを絶えず行っている。このこととの関連で、ハンセン病とクローン病(炎症性腸疾患の一種)という非常に異なる疾患の感受性を決める機構の生物学的基盤に共通点がある可能性も浮上している。

Two gene variants provide clues into why some individuals are more susceptible to contracting leprosy than others, according to research published online this week in Nature Genetics.

Furen Zhang and colleagues report a genome-wide association study for susceptibility to leprosy. They identify two new risk variants near IL23R and RAB32 genes. The involvement of the IL23R gene variant suggests that cells’ defense against leprosy bacteria involves a normal cellular process known as autophagy, in which a human cell progressively recycles its own components. In this respect, the mechanism of susceptibility of two very different diseases, leprosy and the inflammatory bowel disease Crohn’s disease, may share a biological basis.

doi: 10.1038/ng.973

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度