Research press release

イネの粒大と収量を制御する遺伝的多型

Nature Genetics

Natural variation in regulating grain size and yield in rice

広範な地域で栽培されるイネに関して、自然発生する遺伝的多型が粒の大きさの制御に寄与することが明らかになった。この新知見は、イネの収量改善に直接的に役立つ可能性があり、対応する遺伝子に類似の変異をもつ他の穀物の収量改善にも役立つもしれない。

肥料などを増やさずに作物の収量を増やすことは、育種研究の主たる目標の1つだ。粒大(粒の大きさ)は、人類が栽培化し、人為選択した穀物の重要な特性だ。

今回、Q Zhangたちは、イネの粒大と収量を制御する可変領域遺伝子GS5の位置を決定し、単離したことを報告している。GS5遺伝子の発現増加は、粒大の増加と関連しており、このことは粒幅、充填率、重量などの形質に反映される。

A naturally occurring gene variant from rice grown across a broad geographic region contributes to the size of the rice grains, according to research published online in this week in Nature Genetics. These findings may be directly useful for yield improvement in rice and potentially in other cereal crops that carry similar variation in the corresponding gene.

Increasing crop yield without intensifying input is one of the main goals of plant breeding research. Grain size is an important property of the cereals that we have domesticated and artificially selected.

Qifa Zhang and colleagues report the mapping and isolation of the variable gene called GS5, which regulates grain size and yield in rice. Increased GS5 expression is associated with larger grains, reflected in the traits of grain width, rate of filling and weight.

doi: 10.1038/ng.977

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度