Research press release

表層水に予想される温暖化

Nature Genetics

Warmth projected for subsurface oceans

21世紀が経過するにつれてグリーンランドと南極の氷床周辺の海洋表層はそれぞれ1.7〜2℃、0.5〜0.6℃上昇すると、Nature Geoscience(電子版)に発表された研究が結論している。予想される温暖化はかなりの氷の損失とそれによる海面上昇をもたらす。 J Yinらは、最新の19個の気候モデルによる中程度の放出シナリオに基づいた21世紀に対するシミュレーションを解析した。その結果、200 mと500 mの間の深さでは、それぞれの氷床周辺の海洋はこれまでに観測された温度変化をはるかに越えて温度が上昇することがわかった。 グリーンランド周辺の温度上昇は全球平均の2倍以上とシミュレーションされているが、南極近傍の温度上昇は半分程度しかない。

Over the course of the twenty-first century, the subsurface oceans surrounding the Greenland and Antarctic ice sheets are projected to warm by 1.7-2 °C and 0.5-0.6 °C, respectively, concludes a study published online in Nature Geoscience. The projected warming could lead to substantial increases in ice loss, and hence also sea level. Jianjun Yin and colleagues analysed simulations for the twenty-first century with 19 state-of-the-art climate models based on a mid-range emission scenario. They find that at depths between about 200 and 500m, the oceans around both ice sheets are projected to warm substantially beyond the temperature changes observed so far. Warming around Greenland is simulated to be twice as large as the global average, whereas warming near Antarctica is only half as large.

doi: 10.1038/ngeo1189

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度