Research press release

遺伝的祖先と白血病再発との相関

Nature Genetics

Genetic ancestry correlated with leukemia relapse

アメリカ先住民と相関する遺伝的マーカーが、急性リンパ芽球性白血病(ALL)の治療を受けたが再発リスクの高い小児患者に関連していることが判明した。この結果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。

ALLの小児患者の生存率に民族差があることを報告する臨床研究論文が、これまでに数多く発表されており、ヨーロッパ系アメリカ人やアジア人と比べてアフリカ系アメリカ人やヒスパニック系の生存率が低いことが明らかになっているが、この民族差の根底にある原因はわかっていない。今回、M Rellingらは、ALLの小児患者(2534人)の遺伝的多型を解析し、既知の予後因子の補正を行った結果、アメリカ先住民と相関する遺伝的多型が、化学療法後の高い再発リスクに関連していることを見いだした。また、今回の研究では、化学療法に新たな段階を追加すると、再発リスクの民族差が解消することも判明しており、治療法の修正によってALLの小児患者の転帰における民族差を軽減できることが示唆されている。

Genetic markers correlated with Native American ancestry are associated with a higher risk of relapse among children treated for acute lymphoblastic leukemia (ALL), according to a study published online this week in Nature Genetics.

Ethnic differences in survival among children with ALL have been reported in many clinical studies, with poorer survival observed among African Americans or those with Hispanic ethnicity when compared with European Americans or Asians. However, the underlying causes for this are uncertain. Mary Relling and colleagues analyzed genetic variation in 2,534 children with ALL and found that the component of genetic variation that correlated with Native American ancestry was associated with a higher risk of relapse following chemotherapy, even after adjusting for known prognostic factors. The study also found that ancestry-related differences in relapse risk were eliminated by the addition of a single extra phase of chemotherapy, suggesting that treatment modifications can mitigate ethnic disparities in outcome among children with ALL.

doi: 10.1038/ng.763

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度