Research press release

読み書き計算ができることの遺伝的性質

Nature Genetics

Genetics of reading, writing and arithmetic

100万人以上を対象にした研究で、教育に関連する多数の遺伝的バリアントが同定された。これらのバリアントから、脳の発達とニューロン間情報伝達において役割を担う遺伝子の候補が示唆された。

今回、Daniel Benjaminたちの研究グループは、100万人以上の人を対象に遺伝子の構成と学歴について調べた。大きなサンプルサイズが、学校教育の修了年数に関連する1200以上もの遺伝的バリアントの同定を可能にした。座位の数では、過去のさまざまな研究で見つかったバリアント数の10倍以上に上る。またBenjaminたちは、個々の被験者のテストの成績、自己申告による数学の能力、最終的に修了した数学クラスのレベルについても調べ、これらの形質に関する遺伝的関連を多数明らかにした。

今回の研究で示唆された遺伝子は、出生前と出生後の脳内での発現レベルが高く、神経伝達物質の分泌とシナプス可塑性において役割を担っている。この遺伝的座位に関する大規模なデータセットは、遺伝子と環境が相互作用して認知表現型に影響を及ぼす過程に関する今後の研究で役立つと予想される。

New genetic variants associated with education are identified in a study of over one million people published online this week in Nature Genetics. The candidate genes implicated in the study have roles in brain development and neuronal communication.

Daniel Benjamin and colleagues examined the genetic composition and educational history of over one million individuals. With such a large sample size, the authors were able to discover more than 1,200 genetic variants associated with years spent in school - over ten times more loci than found in previous studies. They also analyzed test performance, self-reported math abilities and the highest-level mathematics class each individual had completed, and found hundreds of genetic associations for these related traits.

Implicated genes have increased expression levels in the pre- and postnatal brain and have roles in neurotransmitter secretion and synaptic plasticity. This large dataset of associated genetic loci will aid future studies on how genes and environment interact to influence cognitive phenotypes.

doi: 10.1038/s41588-018-0147-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度