Research press release

アフリカ系米国人男性の前立腺がんリスクに関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Risk variant for prostate cancer in African-American men

アフリカ系米国人男性の前立腺がんリスクに関連する遺伝的多型が新たに同定された。この研究成果を報告する論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。毎年ほぼ90万人が新たに前立腺がんと診断され、前立腺がんを原因とする死者は全世界で約258,000人にのぼっている。そして、アフリカ系男性における前立腺がんの発症率が他の民族より高いことが、よく知られている。今回、C Haimanらは、染色体17q21上の遺伝的多型が、アフリカ系男性の前立腺がんリスクに関連していることを報告している。このリスク多型は、非アフリカ系の集団ではまれにしか見られず、アフリカ系男性に特異的な多型だとHaimanらは考えている。

A genetic risk variant that is associated with prostate cancer in African-American men is reported online this week in Nature Genetics.There are nearly 900,000 new cases of prostate cancer diagnosed every year, with about 258,000 deaths caused by this cancer worldwide. It is well-known that the incidence of prostate cancer is higher in men of African ancestry compared to men of non-African ancestry. Christopher Haiman and colleagues report a new risk variant on chromosome 17q21 that is associated with prostate cancer in men of African descent. This risk variant is rare in non-African populations and appears to be specific to men of African descent.

doi: 10.1038/ng.839

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度