Research press release

イオンチャネルの双極性障害への関与

Nature Genetics

Ion channels implicated in bipolar disorder

2つの遺伝子の多型が双極性障害の高い発症リスクと関連していることを報告する研究論文が、Nature Genetics(電子版)に掲載される。双極性障害は、一般的な気分障害で、かつては躁うつ病と呼ばれ、躁状態とうつ状態が交互に現れるという特徴がある。

既に公表されている全ゲノム関連解析で、双極性障害の遺伝的危険因子を示唆する証拠が得られているが、すべての解析結果を通してみると、一致点はほとんどない。今回、マサチューセッツ総合病院(米国ボストン)のP SklarとS Purcell、そしてカーディフ大学(英国)のN Craddockがリーダーを務めた共同研究では、公表されている結果を再度解析し、それに加えて、別の双極性障害の患者グループについてゲノム関連解析を行った。

その結果、双極性障害の遺伝的危険因子であることを示唆する証拠が最も強力だったのは、ANK3、CACNA1C両遺伝子の多型であった。ANK3遺伝子には、アンキリンGというタンパク質がコードされており、このタンパク質は、ナトリウムチャネルの集合を調節するという研究報告がある。CACNA1C遺伝子には、カルシウムチャネルのサブユニットがコードされており、このことは、既に提唱されていた関連を裏づけている。論文著者の一部は、マウスの脳において、双極性障害の最も効果的な治療法の1つであるリチウムに応答してANK3、CACNA1C両遺伝子の発現が低下することを既に明らかにしている。以上のデータは、イオンチャネルの機能変化が双極性障害の一因となっている可能性を示している。

Variants in two genes are associated with increased risk of bipolar disorder, according to a study published online this week in Nature Genetics. Bipolar disorder is a common mood disorder formerly known as manic depression, and is characterized by alternating episodes of mania and depression.

Previously published genome-wide association studies have generated suggestive evidence for genetic risk factors, although with little agreement from study to study. Pamela Sklar, Nick Craddock and Shaun Purcell led a collaborative effort to re-analyze the published results in combination with a genome scan of an additional group of individuals with the disease.

The strongest evidence for genetic risk factors was for variants in ANK3 and CACNA1C. The gene ANK3 encodes a protein called ankyrin G, which has been reported to regulate the assembly of sodium channels. The gene CACNA1C, encoding a calcium channel subunit, provides support for an association that had previously been suggested. Some of the authors had also previously shown that both these genes are down-regulated in the mouse brain in response to lithium, which is one of the most effective therapies for bipolar disorder. The data raise the possibility that bipolar disorder is, in part, a result of altered ion channel function.

doi: 10.1038/ng.209

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度