Research press release

知識バンクががん治療を改善する可能性

Nature Genetics

Knowledge banks could improve cancer care

がんの治療法の決定に大規模な患者データベースを利用すれば、患者の生活の質が改善され、しかも医療費の削減も行えるという可能性が報告された。急性骨髄性白血病(AML)の患者データの解析を行い、精密医療(precision medicine)の成果を利益に結び付けるための研究の第一歩となるだろう。

プレシジョン医療は、患者の遺伝的プロファイルおよびその他の患者独自の特徴に合わせた治療を行うことを目指している。この目標のためには、患者情報が登録された大規模なデータベース(知識バンク)が必要となる。

今回、Hartmut Döhner、Peter Campbellたちの研究チームは、AML患者1,540人のデータが登録された知識バンクを用いて解析し、患者の生存を予測するアルゴリズムを開発した。そしてこのアルゴリズムを使い、個々の患者が最初の完全寛解の際に造血幹細胞移植を受けて恩恵が得られるかどうかを予測した。造血幹細胞移植は、患者の生存率を著しく高めるが、リスクも高く、移植関連死亡率が最大25%となっている。その代わりに実施されている集中化学療法は、死亡のリスクがかなり低くなる一方で、他の重大な合併症の高いリスクを持つ。Döhnerたちは、知識バンクを用いることで、生存率を1.3ポイント引き上げ、造血幹細胞移植を受けるAML患者数を20~25%減らせると推定している。つまり、AMLの治療に知識バンクを利用することで造血幹細胞移植を受ける患者数を減らすことができ、その結果、致命的な合併症を避けることを通じて患者の健康を維持・改善するとともに、高額の費用(10~20万ドル、約1100~2200万円)を避けることを通じて医療費を節減できる、とDöhnerたちは報告している。ただし、知識バンクそのものには高額の費用がかかり、維持管理が難しいこともDöhnerたちは指摘している。知識バンクによって得られる利益が費用を上回るかどうかはまだ分かっていない。

Using large patient databases for healthcare decision-making in cancer could improve quality of life and decrease healthcare costs, according to a paper published online this week in Nature Genetics. The analysis of patients with a specific type of leukemia is a first step in exploring the potential benefits of precision medicine.

The goal of precision medicine is to tailor medical treatment to a patient’s unique combination of genetic profile and other characteristics. This requires large databases, or knowledge banks, of patient information.

Hartmut Dohner, Peter Campbell and colleagues analyzed a knowledge bank of 1,540 patients with acute myeloid leukemia (AML) to develop a predictive algorithm for patient survival. They used the algorithm to predict whether an individual patient would benefit from blood stem cell transplantation during first complete remission. This treatment significantly increases survival, but comes at a high risk - up to 25% - of treatment-related death. The alternative, intensive chemotherapy, has a much lower risk of death, but a high risk of other serious complications. They found that, using the knowledge bank, they could potentially increase survival by 1.3% and decrease the use of transplants in patients with AML by 20-25%, while maintaining the same overall rate of survival. The authors suggest that use of a knowledge bank for AML treatment would improve patient health by avoiding potentially life-threatening complications from transplantation and result in substantial healthcare cost savings, considering the cost of blood stem cell transplants is US$100,000 to US$200,000. However, the authors note that knowledge banks are expensive and difficult to maintain. It is still unclear whether the benefits of knowledge banks will outweigh their costs.

doi: 10.1038/ng.3756

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度