Research press release

脂肪蓄積に関連する遺伝的多型

Nature Genetics

Variants associated with adiposity

体脂肪率を示す指標の1つである脂肪蓄積に関連する遺伝的多型が同定された。脂肪蓄積は、心血管疾患と2型糖尿病を含む一般的な代謝疾患のリスク因子だ。研究の詳細は、Nature Genetics(電子版)で発表される。

R Loosらは、36,626人を対象とした脂肪蓄積に関するゲノムワイド関連解析データのメタ解析を行った後、別の39,576人で追試を行い、解析結果を再現した。その結果、脂肪蓄積に関連する2つのゲノム領域が新たに同定された。そのうちの1つの領域においてIRS1遺伝子の近くに位置する遺伝的多型は、男性の低い体脂肪率、特に低い皮下脂肪率と関連していた。低い脂肪蓄積と関連するIRS1遺伝子近傍の遺伝的多型は、これまでに2型糖尿病と冠動脈疾患の高いリスクに関連することが指摘されており、この点は注目に値する。Loosらは、IRS1遺伝子が2型糖尿病に関連するメカニズムが男性の皮下脂肪の蓄積能力を通じて作用している可能性があると考えている。

Genetic variants associated with adiposity, a measure of body fat percentage, are reported this week in Nature Genetics. Adiposity is a risk factor for common metabolic disorders including cardiovascular disease and type 2 diabetes.

Ruth Loos and colleagues report a meta-analysis of genome-wide association study for adiposity in 36,626 individuals, with replication studies in an additional 39,576 individuals. They identify two genomic regions newly associated with adiposity. The variants at one of these regions, near IRS1, are associated with lower body fat percentage in men, and specifically with lower levels of subcutaneous fat. Notably, the variants near IRS1 that are associated with reduced adiposity have previously been associated with increased risk of type 2 diabetes and coronary artery disease. They suggest that the mechanism for the IRS1 association with type 2 diabetes may act through the ability to store subcutaneous fat in men.

doi: 10.1038/ng.866

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度